Good Sportとは?

日本のスポーツの教育的・文化的価値の向上を目指し、
”スポーツを育てる・スポーツで育てる”を合言葉にスポーツを通じた
人づくり・場づくり・環境づくり・キャリアづくり・未来づくりに取り組んでいます。

Good SportのVisionとMission

Good Sportの実績

    • Jリーグ 川崎フロンターレ
    • 一般財団法人 日本女子プロゴルフ協会
    • 福島県富岡高校ゴルフ部
    • 栃木SC
    • 埼玉県スポーツ少年団複合部会
    • 東海大学
    • 千葉大学

他多数

主催イベント
  • Sport Girls’ Night
  • 東京SEVENS★プレイベント”Rugby Comrade Fan Action 2013″
  • サッカーボール・アップサイクル・プロジェクト
  • スポーツキャリア・カフェ

代表プロフィール

椎名 純代 (しいな すみよ)

州立ユタ大学心理学部卒業後、スプリングフィールド大学大学院心理学部アスレティックカウンセリング学科にて修士号を取得。
在学中は大学のスポーツチームにてアスレティックカウンセラーとしてサポートを行うほか、冒険教育のNPO法人プロジェクトアドベンチャーにて 日本人初のインターンとして勤務。帰国後、一般企業を経て、スポーツマネジメント会社へ転職。
スポーツ教育部部長として、 日本オリンピック委員会(JOC)はじめ、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)、一般社団法人日本女子プロゴルフ協会(LPGA)など 数々のスポーツ競技団体、チームへ教育プログラムを実施。
2010年からはJ1川崎フロンターレ 育成・普及部の教育担当としてスポーツを通じたリーダー育成プログラム「フロンターレアカデミー」を開発・展開。
千葉大学非常勤講師(2004~2012年)のほか、大学生へのワークショップ、セミナーも多数実施。
2009年よりスポーツに携わる女性の会「女性スポーツコミュニティ」を主宰。勉強会、交流会、イベントなどを企画運営し、延べ約500名が参加する。
2013年スポーツの教育的・文化的価値の向上を目指し、スポーツを通じた場づくり・環境づくり・キャリアづくり・未来づくりを行うGood Sport associationを設立。
国際ファシリテーター協会(IAF)認定プロフェッショナルファシリテーター
日本生産性本部キャリアコンサルタント講座 修了
ラグビートップリーグ クボタスピアーズ 通訳兼ファシリテーター
クボタスピアーズHP:http://www.kubota-spears.com

當間 文美 (とうま あやみ)

短大を卒業後、入社した松下電器産業株式会社(現パナソニック)では役員秘書として7年間勤務したが、在籍中からフライトアテンダントへの夢が捨てきれず、キャセイパシフィック航空へ入社。香港ベースで国際線に乗務し、アジア10カ国からなる乗務員とともに快適なフライト空間の提供に尽力した。
退職後、シンガポール在住時に開催されたラグビーワールドカップアジア予選において、日本代表“平尾ジャパン”のリエゾンをしたことがきっかけとなり、2001年プロコーチ大西一平氏率いる日本アイ・ビー・エム ラグビー部のマネージャーに就任、トップリーグ昇格に貢献した。
2007年、NPO法人2016年東京オリンピック・パラリンピック招致委員会において、招致活動に携わる。東京のグランドデザイン策定やメダリストによるアスリート委員会立ち上げ等、計画段階から広報活動まで幅広い業務に従事。
2011年1月キャリア・ディベロップメント・アドバイザー資格取得。株式会社東京海上日動キャリアサービスと業務委託契約をし、契約先の大学を中心にこの6年間で6000人以上の学生たちへの就職支援カウンセリング、書類添削や面接対策、マナー等のセミナー全般を受け持つ。
2016年1月にはスポーツ庁委託事業「スポーツキャリアサポート推進戦略・アドバイザー育成」受講者兼プログラム開発者として日本スポーツ振興センター主催の研修に参加。同年、担当大学のアスリートコースに在籍する学生たちに対するスポーツキャリアカウンセリングを実施。今後はアスリートのデュアルキャリア支援に力を入れていく。

・国家資格 キャリアコンサルタント/JCDA認定CDA(キャリア・ディベロップメント・アドバイザー)
・経済産業省 キャリア教育コーディネーター 「エントリーコース」「実践コース」 修了
・米国NLP協会認定マスタープラクティショナー 
・スポーツ庁委託事業スポーツキャリアサポート推進戦略 デュアルキャリア教育プログラムファシリテーター